会長メッセージ

仙臺暖簾を守る会 会長 田中 善一

「仙臺暖簾を守る会」に参加する会員は、積み上げた社歴も携わる業種も実にさまざまです。しかし共に思うのは、商売を通し、仙台市民の皆さまの暮らしを支える一端を担わせていただいているという、ささやかな誇りです。
「のれん」には形あるものと、商売に寄せる志や決意、誇りといった形の無いものがあると思います。看板などに姿を変え、形ある「のれん」を目にすることは少なくなった昨今ですが、創業の精神や信頼、商いへの誇りという「のれん」は変わることはありません。また、これからの仙台を担う若い企業家の方々の熱意のある活動に出会う度に、大変にうれしく心強くも感じます。
「仙臺暖簾を守る会」では、「のれん」を支え育んでくださるお客さまへの深い感謝の気持ちを忘れることなく、新旧の企業や商店が手を携え時代を柔軟に捉えながら、仙台に誕生した「のれん」を、仙台のブランドとして後世に伝え継ぎたいと考えております。
皆々さまのさらなるご支援ご協力をお願い申し上げます。

仙臺暖簾を守る会 会長 田中善一

「仙臺暖簾を守る会」の由来

暖簾への思いと、お客さまへ感謝を伝えるために

「仙臺暖簾を守る会」の誕生のきっかけは、暖簾を愛用する寿司店有志の「古くなった暖簾を粗末にできない。供養したい」という声でした。これにより開催された「暖簾供養祭」。中心になったのは、誠鮓の高橋誠氏と橘寿司の相沢光哉氏でした。この暖簾供養祭は口伝えで広がり、仙台の老舗店へ周知されることとなります。後に仙臺暖簾を守る会・初代会長に就任した株式会社タゼンの田中善次郎氏をはじめ在仙の老舗企業代表が、「暖簾塚」建立の声掛けを広く行い、賛同を寄せたお店や団体は240余り。戦後50年、暖簾の原点を見つめなおそうという経営に対する反省でもあったといいます。平成6年(1994)4月27日に初の会合が持たれ、そこから準備に費やした期間はおよそ1年半。平成7年(1995)年10月28日、仙台市青葉区茂庭の大梅禅寺境内に「暖簾塚」を建立し、多くの仙台商人や関係者列席の下、「暖簾塚」を前に暖簾供養が行なわれました。
この際に結成された「暖簾塚を建立する会」は、暖簾塚を後世へ守り伝え顧客への感謝を表す活動を継続するため、名称を改め「仙臺暖簾を守る会」が誕生したのです。

仙臺暖簾を守る会の半纏

歴史

歴史1歴史2歴史3
平成6年
第一回準備委員会平成6年4月27日
平成7年
第二回準備委員会 発起人代表:田中善次郎氏を選出平成7年2月23日
会長就任(田中善次郎会長)平成7年10月28日
暖簾塚建立、除幕式、改組:暖簾塚を建立する会(会長・田中善次郎)」から「仙臺暖簾を守る会(同)」平成7年10月28日
平成8年
平成8年度 暖簾感謝祈願祭、第1回暖簾フォーラム開催平成8年10月22日
平成9年
平成9年度 暖簾感謝祈願祭平成9年10月27日
「のれんと暮らし展」開催平成9年10月27〜30日
平成10年
平成10年度 暖簾感謝祈願祭平成10年10月24日
暖簾塚と仙台の味を訪ねる会 (白松がモナカ工場見学、鐘景閣 他)平成10年10月24日
平成11年
平成11年度 暖簾感謝祈願祭平成11年10月11日
「のれんと暮らし展」開催平成11年10月11〜15日
仙台開府400年を記念し秋保温泉招待クイズ 掲載平成11年10月11日

平成12年以降の仙臺暖簾を守る会「歴史」を表示・非表示

平成12年
平成12年度 暖簾感謝祈願祭平成12年10月28日
仙台開府400年暖簾感謝記念・秋保温泉招待クイズ
平成13年
平成13年度 暖簾感謝祈願祭平成13年10月20日
御譜代町の暖簾と暮らし(仙台民俗歴史資料館)平成13年10月20日
平成14年
平成14年度 暖簾感謝祈願祭平成14年10月3日
伝統工芸と名湯めぐり(秋保温泉、秋保工芸の郷)平成14年10月3日
平成15年
明るく笑って健康イチバン「のれん寄席」平成15年10月24日
平成16年
平成16年度 暖簾感謝祈願祭祭平成16年10月27日
10周年記念文化講演会 電力ホール 講師:野田一夫(宮城大学)氏平成16年10月27日
平成17年
平成17年度 暖簾感謝祈願祭平成17年10月17日
みやぎの明治村とよまを訪ねて!(みやぎ明治村)平成17年10月14日
平成18年
平成18年度 暖簾感謝祈願祭平成18年10月19日
水と緑と歴史の町「丸森」を訪ねて(阿武隈船下り、丸森町)平成18年10月19日
平成19年
平成19年度 暖簾感謝祈願祭平成19年10月11日
仙台のふるさと岩出山の御譜代町を訪ねる(御譜代町 他)平成19年10月11日
平成20年
平成20年度 暖簾感謝祈願祭平成20年11月6日
サンセットクルーズ塩釜・の歴史と味(塩釜、松島 他)平成20年11月6日
平成21年
会長就任(湯目一潔会長)平成21年10月15日
仙臺暖簾を守る会 創立15周年記念式典日平成21年10月15日
平成21年度 暖簾感謝祈願祭平成21年10月15日
相馬を訪ねて!(相馬中村神社、鐘崎笹かま館 他)平成21年11月5日
平成22年
平成22年度 暖簾感謝祈願祭平成22年6月22日
暖簾感謝祭(秋保温泉4湯巡り 佐勘、水戸屋、岩沼屋、緑水亭)平成22年9月28日
平成23年
平成23年度 暖簾感謝祈願祭平成23年10月20日
平成24年
平成24年度 暖簾感謝祈願祭平成24年10月16日
暖簾感謝祭(米沢城下町を訪ねて)平成24年11月1日
平成25年
平成25年度 暖簾感謝祈願祭平成25年10月23日
暖簾感謝祭(秋保温泉ホテル佐勘 慈眼寺 塩沼亮潤講演会)平成25年11月7日
平成26年
平成26年度 暖簾感謝祈願祭平成26年10月28日
暖簾感謝祭(会員工場見学と作並温泉昼食と入浴)平成26年11月6日
会長就任(田中善一会長)平成26年12月20日
平成27年
平成27年度 暖簾感謝祈願祭平成27年10月28日
暖簾感謝祭(仙台うみの杜水族館、鐘崎七夕館、日和山 他)平成27年11月5日
平成28年
平成28年度 暖簾感謝祈願祭平成28年11月7日
暖簾感謝祭(登米市、南三陸 他)平成28年10月27日
平成29年
平成29年度 暖簾感謝祈願祭平成29年10月23日
暖簾感謝祭(一ノ蔵見学、鳴子温泉、旧有備館)平成29年11月14日

仙臺暖簾を守る会の活動

暖簾感謝祈願祭 仙臺暖簾を守る会 総会 暖簾感謝祭

暖簾感謝祈願祭

毎年秋に、大梅禅寺(仙台市青葉区茂庭)境内中庭で開催される祈願祭。「仙臺暖簾を守る会」会員が暖簾塚に会し、1年間の暖簾へのねぎらいと商売の無事を感謝し、さらなる1年の商売繁盛を祈願します。

暖簾感謝祈願祭

仙臺暖簾を守る会 総会

会員に向け、1年間の活動報告・収支報告と、次年度活動の方向性・予算案の提案を行います。

仙臺暖簾を守る会 総会

暖簾感謝祭

開業から今日まで、暖簾を育て支えてくださったお客さまへの感謝の気持ちをお伝えし、顧客サービスと経営への決意を新たにすることを目的に、毎年秋に一般の方々を交え開催するイベントです。

暖簾感謝祭

会員の皆様へ

暖簾感謝祈願祭、仙臺暖簾を守る会 総会のお知らせ

終了いたしました。

昨年に引き続き、新型コロナウイルスへのさまざまな対応が求められている中、この状況を踏まえ熟慮を重ねました結果、今年度(令和4年度・第27回)の「暖簾感謝祈願祭」「仙臺暖簾を守る会総会」は、下記のように決定いたしました。 会員のみなさまにはご了承を頂き、引き続きご協力を賜りますようお願い申し上げます。

1、令和4年度(第27回)暖簾感謝祭・総会

(1)暖簾感謝祈願祭  11:00~

参加役員のみで祈願祭を実施いたします。

(2)仙臺暖簾を守る会総会

今年度の総会は、書面にてご参加いただくこととなりました。
送付書類をご確認ください。

(3)講話・懇親会

中止となります。

上記、コロナ禍による特殊な環境下での緊急対応となりました。 重ねてご理解ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

暖簾感謝祈願祭・総会のご報告
第27回 祈願祭および総会の様子

 令和4年度(第27回)「暖簾感謝祈願祭」「仙臺暖簾を守る会総会」は終了いたしました。
尚、「仙臺暖簾を守る会総会」は、会員企業さまと書面でのやりとりをもって終了とさせていただきます。
コロナ禍の中の緊急対応になりました。皆々さまには、ご了承いただきますようお願い申し上げます。

暖簾感謝祈願祭・総会のご報告

 10月14日(木)午後10時30分より執り行われた、令和4年度の「暖簾感謝祈願祭」。 爽やかな秋空と野鳥のさえずりの中、仙台市太白区の大梅禅寺にたたずむ暖簾塚に、参加者全員で合掌しました。昨年に引き続きコロナ禍にある世情の中、大変残念でしたが、今年度は世話役のみの参加となりました。
暖簾への感謝と商売繁盛、お客さまのご健勝、そしてコロナ収束を切に願った今回の祈願祭です。また、新たな暖簾をしつらえた会員企業さまのご依頼で、古い暖簾をお預かりし、長年、店を見守ってくれた暖簾に感謝し労をねぎらいました。
その後、大梅寺から場所を移し、江陽グランドホテルにて世話役のみの出席による総会(書面結果)報告が行われました。
来年度こそは、多くの会員の皆さまとご一緒できることを願っています。
皆さまのご参加をお待ちしております。
第26回 祈願祭および総会の様子

「仙臺暖簾を守る会」会員募集

仙台市内を拠点に活動する企業のご参加をお待ちしています。
創業年数や業種に制限はありません。
「のれん」を守り続ける企業、お客さまへの信用を大切にしてきた企業など、新旧の「のれん」が手を取り合い、時代を切り開く仲間を募ります。
詳細は「仙臺暖簾を守る会」事務局までお問い合わせください。

問い合わせ先/仙臺暖簾を守る会 事務局
〒980-0811
仙台市青葉区一番町1-8-17 2F
TEL/022-265-3814 FAX/022-265-3815
仙臺暖簾を守る会 会長メッセージ